Recent entries
2013/12/08 (Sun) 12.21!
2013/07/12 (Fri) ど放置脱出?
2012/08/28 (Tue) 虹をつかもう
2012/08/21 (Tue) 気がつくと夏も終盤
2012/05/31 (Thu) 夏が近い
2012/05/28 (Mon) 彼の地で・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


皆さんが言ってるのをよく聞くフレーズの1つに「ワンフレーズ聴けばなんとなくわかっちゃうよね。」っていう評価の表現があります。この大きなファクターのひとつになるのがプレイヤーの「音創り」だと思います。私自身、観に行ったライブで、好みとかそういう次元を超えて、最初からう~む…なんてことも結構あるので、自分としても出来る限り気を遣っていきたいな~と思ってるポイントです。そんな時私の相棒としていつも余りある働きをしてくれるのがADAのMP1です。


前も何かで書いたけど…このラックを持って行くと「いっぱいエフェクター持ってるね。」と言われたこと多。でも、この中で「エフェクト」という性質のものは一番下の赤いマルチだけです。この赤いマルチは私の場合「リバーブ」と「ディレイ」用に使ってますが、そのあたりはまた別途。ちなみに一番上は、ただの電源(でも安定化回路付なので定価10万もした…でもただの電源)その下はチューナーです。
で、青いボタンがついてる2つのうちの上の方。愛機中の愛機「プログラムができる真空管プリアンプ」です。エフェクトがどうのこうのではなくて、音自体のキャラクターを決めてるのがこれということになります。このMP1プリは80年代後半、私がよく聴いていたプロの間でかなりの評価を受けてました。ヌーノやPギルバートは、CD、ライブで使ってたようですし、その他Bギルスとかいろんな人のラックに入ってました。私は90年位に買いましたので、もう16~17年の付き合いになるのかな?

今でこそ並行輸入以降の価格破壊とオークションの影響とかで、いろんなものがお安く手に入るチャンスがありますが、私らが高校生の頃には、舶来物のアンプはとても高くて手が出るはずもなく、国産ではローランドのJC等が代表格でした。ちょっと安めに買えるYAMAHAの黒いちっちゃい奴とかをリヤカーに乗せて運んでたりすることが多かった様に思います。大学時代は、年間の興行収入がけっこうな金額になるサークルに所属してたため、サークルBOX内にTwinReverb、Laney、Guya、Juggboxといった具合に当時20~30万級のアンプが揃っており、いろいろ使うことができました。

その後、大分に帰ってからも色々なメーカーのディストーションやオーバードライブ+アンプの組み合わせを試してましたが、その結果なんとなく行き着いたのがコレでした。当時使ってた2段マーシャルからの軽量化を考えていたことや、いわゆるラックの流行期だったこともあり、マーシャルのJMP1、ロックトロンのGAP(だったっけ?)とかと比べてこれに決定。見た目的にはHRは、マーシャルの壁とかって凄くいいんだけど重いし邪魔だし
これはプログラムできるメリットもあるけど、それはおいといて「どんな鳴り方をするか?どんなふうに歪むか?」って点で。真空管はsovtecのドノーマルなやつを入れてますが、粒の細かさとか「歪みのキャラクター」が私の好みのど真ん中な気がしました。
私の好みは「ちょっとモディファイされたマーシャル」…なんだと思います…多分(^^;)  とりあえず、最近のメタルで重低音とかって言ってるドンシャリな感じではなくて、ミドルが豊かなのが好きです。で、これだとスピーカー持って動かなくても会場にあるアンプのリターン端子につなぐことで、このキャラをキープできます。まぁ野外とかで覚悟決めたら、これプラス、パワーアンプの入ったラックとスピーカーも持ち込みますが。

というわけですっかり気に入って長く使ってましたが、このMP1もかなり年季が入ってきました。サブに某オークションで落としたMP2(ひとつ下の段)も入れてますが、年齢とともに更なる軽量化も兼ねて次のを探してます。
最近では「モデリング」なんて言葉をカタログで見るのがあたり前になりました。このデジタル全盛の世の中ですから3D解析していくことで可能性は無限なんだろうと思います。しかしかかし、どうにも音質的に追いついてくるのがないような…。(実は今も一つこれはどうかなって思って使ってるのがあるにはあるんですが)
まぁ、プロもアマもデジタルアンプ使ってる人は、ほどんどいやしないってのが現実ですから、ギター弾く人たちのモードはまだアナログ全盛なのかなぁ。自分の中でも、ギターアンプはまだまだアナログ、それも真空管から離れられそうにありませんな~ってな今日この頃です。

とまぁそういうところで、ちょっと打ちつかれちゃいました。なんかなし私にはとっても頼りになるアンプですってことで。
またあいましょう。
スポンサーサイト




ううーん
ギターといいこのセットといい、やっぱり上手い人はプレイだけでなく機材も研究してるんですよね、改めて脱帽です。
早いトコまたライブでこれらを力いっぱい鳴らしてください!おねがい!
【2007/02/02 21:40】 URL | 里 #-[ 編集]
今現在
デジタルアンプをきちんと使いこなしてるアマチュア代表格の里さん(長いなw)、こんにちは。
結局、何使っててもいい音が出てるかどうかなんですよねw
とりあえず、気にかけていたいなって思うポイントです。今のがだめになる前に次のを探さないと…v-205
【2007/02/03 08:41】 URL | えびぃTAK #-[ 編集]

ひゃぁ~、こだわってますね!
私はどんなアンプでもとりあえずツマミ全部10で(爆

今は初期型TUBEMANを探してます…
【2007/02/04 03:29】 URL | ローディー #3fP8K/.I[ 編集]
つまみ10
とっても70年代な感じやなw

チューブマン、ノーマルトーンはとってもいいんだけど…。なんなら私の使ってる後期型、試してみる?たぶん毛色は一緒だと思いますよ。
【2007/02/04 08:42】 URL | えびぃTAK #Gmv1f4Vs[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 土下座ロックス瓦版, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。