FC2ブログ


Recent entries
2013/12/08 (Sun) 12.21!
2013/07/12 (Fri) ど放置脱出?
2012/08/28 (Tue) 虹をつかもう
2012/08/21 (Tue) 気がつくと夏も終盤
2012/05/31 (Thu) 夏が近い
2012/05/28 (Mon) 彼の地で・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


復活第2弾ですの。

前回の引き続きで、ウォルフィ君のお話。

やぶれかぶれ系塗装のギターを使うのをやめたエディVHが
Musicmanのエディモデルを持ってるの見て、いいなぁ、これ買っちゃおうかな
と思ってるところに、突如PEAVEYへエンドース変更。
このPeaveyのモデルのアマデウスな名前(=息子)が気に入ったのもあり、一念発起してゲット。

これがまた、すぐ後に輸入代理店の関係で、定価が半分以下に急落するという
恒例の自暴自棄パターンを王道で行った品です(滝泣)
モノ自体のつくりが荒くなったって話を聞いて、無理やり納得するボク。

で、このギター、ネックは指板・グリップともに申し分なし。
おまけにスケールも短くて扱いやすい。
デザインもアーム周り以外はそうトゲトゲしてなくて○。

…なんだけど…。

1Vol・1Toneというあまりにもシンプルな構造のため音色に幅がなくて…。
ハードロックonlyみたいな演奏ならコレでもイケるのになぁ…って状態。
VHトリビュート以外は、自然とライブ等で持つ機会も少なかった。

で、今回。
何にしてもノーマル音のカッティングとかにも対応できるようになってほしくて
両ピックアップにポットでコントロールできるタイプのコイルタップを装備。
更に、勢いでToneノブを取っ払って、Volノブ×2体制にチェンジ。
結果、2つのマイクのミックス・バランスもとれる様になったし、
ついでにあの片側0のチカチカ奏法も出来るしってな算段。

帰ってきたのを試してみたら。
もうばっちり!!
こりゃ、物凄くいい案だったんじゃないか?と自画自賛。
あきらかに幅が広がりました。(太ったという意味ではないので念のため)
これから活躍の場を増やしてやろうと企んでいる3号でありました。

もちろん加工もバッチリ。
すごいぞ時ちゃん!サンキューなのだ~

ばけらった
スポンサーサイト




後悔
同じ理由でミュージックマンに物足りなくなったけど、こちらは1Vol。
ボディーにもうひとつ穴をあける勇気がなくて手放してしまいました。
今手元にまともなギターがありません、トホホ。
【2009/06/07 21:02】 URL | 里 #-[ 編集]

里さん
どもども、昨日はお疲れでした。諸事情で日中は動きがとれず…m(__)m

なるほど、そういう理由で手放したんですか…。
確かに、ウォルフィはつまみが2つあったので、少しイジれた…って感じですもんね。
全体を通して比較的落ち着いたデザインが故に、どうにかならんもんかいなぁ?って思っていました。
しばらくコレで使ってみま~す。
【2009/06/08 15:50】 URL | えび #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 土下座ロックス瓦版, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。