FC2ブログ


Recent entries
2013/12/08 (Sun) 12.21!
2013/07/12 (Fri) ど放置脱出?
2012/08/28 (Tue) 虹をつかもう
2012/08/21 (Tue) 気がつくと夏も終盤
2012/05/31 (Thu) 夏が近い
2012/05/28 (Mon) 彼の地で・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自己ベスト


久々に更新してみよっと

最近うちの神さんが聴いていた小田和正自己ベスト
めったに邦楽を聴かないオイラですが
じつは 大好きなんですな
で 早速USBにぶちこんで毎日通勤途中で聴いていたんです

で 知っている曲のリメイクなんでそれこそBGM的に聴いていたんだけど
ふと ベースラインを追って聴いてみると

!!!っ

なんじゃ このベーシスト 天才だ・・・・・・・・。
オイラが理想としているプレイの数々
すべてがちりばめられている

誰なんだろ
いやー 日本もまだまだすてたもんじゃねーですな

ペンタの横をちょっとすりぬけていくライン
プレイのひとつひとつにまわりと喧嘩せずしかも印象的なライン
5弦をうまく使った泣かせるよーなライン
簡単にコピれると思ったら以外にややこしいプレイの数々

以前すぽろん師匠に
「ベースで1番大切なことは?」
と聞いた時
「・・・・・ん~~・・・・間?・・なんやねーん」

んーーん このベースにはその間があるんや
ビートルズを初めて聞いた時
湖上の煙のイントロを聞いた時
そして今回これが3度目の鳥肌がたった時やった

これだけ感動して ベーシストの名前を調べてなかった事に気付き
早速調べてみました

Bass ; ネイザン・イースト

ネーザン・イースト大大せんせーーーーっ ほへぇ
小田和正で?

ありゃま 全てが納得。
オイラの中でついにネイザン・イースト先生を越えるベーシストが現れたと思ったら
御本人さまでしたのね

スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽


5号が年明けからの関東出張を終え帰ってきたので、週末に今年最初のリハを行いました。
しばらくは昨年の持ち越し的なメニューですが、新曲や新カヴァーに向けても少しずつ動いて行こうと思っています。
というところで、とりあえずライブ第1弾

4/19(土)にカンタループⅡで行われる湯川トーベンさん(元 子供ばんど)のLIVEのOAに出没することに決定。T氏・M氏・N君によるFAT CAT BLUES BANDと一緒です。どうぞよろしく

さて、土曜日リハ後には、音楽関係のお仲間が出演する某鉄鋼関係会社の吹奏楽団の定期演奏会を見にグランシアターに行ってきました。
リズム隊の要にいたM君はやはり流石でした。
あの状況でカブリモノをフル活用してるところあたりは、いよいよ流石ですw

ボクも高校生の時代は、その系の部に所属し、少々トロンボーンなど吹いてたりしてました。
その時、同じ部活動の1つ先輩だった竹村さんと言う2号?(w   からは
いまだにイジめられています

当時は、お約束の2~3部構成の定演とかもやってはいたんですが
考えてみると、この形式のコンサートにふれるのは随分久しぶりで、楽しめました。
生楽器の響きってのはやっぱりいいです。
ばったり会った知り合いの先輩方とゆったりぼんやり見てたからか(?)写真もぼんやりなってますね(w
吹奏楽定演

ばけらった。

最近、アニバーサリーなお話で再燃を狙ってる?「スリラー」のリミテッド・エディション(このページ、音が出ます)発売が話題になっています。

現役でレコードを買ったことがあるボクとしては「4半世紀」ってとこに愕然としました
当時、すぐに買ってきて、5曲目まで聴いて、そのまま5曲目(Beat it)をリピート再生。
エディのソロをコピーするのに、かなり手間がかかったなぁ…
…ってのが、もう25年前の話ですか~~!?
わーい

VTRとかもそうとう流行った覚えがありますが、「1億400万枚の世界最高枚数のアルバム売り上げ」で、更にまだ売っちゃいましょうというのは凄いなと(笑)

さて、まったく脱線ですが。
中九州横断の千歳大野間が22日に開通します。
やっと、この系の交通網に達するまで20分の位置となるマイ地元です。
道路特定云々が妙な使われ方をするのは論外ですが、ウチの田舎にはこの線の更なる延長整備はいろんな意味で喫緊の課題です。
いろいろ議論あるのも納得ですが、やはり地元的には整備を確約してもらえないなら廃止反対って立場もあり、おとなりの某知事とかが頼もしい感じだったりもします。
いずれにしても、地元-大分間(特に市内東側方面)がまた少し近くなりました。

ばけらった。

今のボクの「今度日本に来たら何処へでも行ってやるぞ的アーティスト」は、
どうしても一度は生で観たいJベック先生と
流れ上、この際一度は見ておいた方がいい気がするVHです。

昨年、初代VoのデイブとUSツアーを始めたVHは「今年こそジャパンツアー組んでね」という状態でしたが、ココへきて、いくつかの公演を延期したりなんかしてる模様。
http://www.pr-inside.com/entertainment-blog/2008/03/06/eddie-van-halen-back-in-rehab/

何かよく意味わからんのですが、多分…
エディがまた酒を飲むようになっちゃって、そいでもってウォルフィー君は
パパが飲んだくれるのが嫌いなもんだから、とあるステージ上で冷たくしてたら、エディが酔った勢いで逆ギレ。ペダルやケーブルを引っぱり回したり、タバコを投げ散らかしたり、LIVE終了後にはAMPのキャビ(5150Ⅲ?)を殴り倒したりとお暴れになった。
…みたいな話ですか?

うーむ、こりゃやっぱ無理か。。。せっかくリハビリ施設に行ったりしたのになぁとか思いますが。

さて、LIVEといえば
音ねっとに、某1号さんがかねてから応援されてたAさんの卒業ライブトピが立ってます。(3/11のマガジン)

歌ってるのを見たのは一度しかないけど、歌ぢからあるなぁと思いました。
弾き語り系では、N宮さんとかこの人は、アンテナがすぐ動いた覚えがあります。
ブログもなんだか面白いので、実はこっそりロムってたりして(w
LIVEについては年度末平日で私にはどうにもなりませんが…。
東京へ行くんだそうです。諸々うまく行くといいですよね

バケラッタ。

♪そうね、だいたい…しかわからんちゃ、これは
COLORIFFIC社のストラト時計
なんぼなんでも見にくいやろー?…ってゆか、振り子デカっ(w

もうひとつ。
昨日の続きっぽいですが、振動センサータイプのチューナーも
ここまで来たか?ということで感心するやら解せんやら。
ステルス・チューン

やっぱり、この系はバックライトが明るいのがいいですね。

というわけで、いつもながらに新製品開発の道には感服します。

アッチョンブリケ

世は春闘シーズン
「いざなぎ超え」とかいわれても、ちっともあったかくならない気がするマイ財布。
まぁ、楽器買ったり、飲んだり食ったり飲んだり飲んだりしてたら、当たり前ですか?(げらげら~)

そもそも、景気のネーミングにしても
神武天皇も天の岩戸も超えちゃったから、いざなぎまで遡ったんだったはずですよね?
さて次はどうなるのやら?
詳しくはこんな感じの所でどうぞ。

それにしても、こんなのが2千円しないってのはありがたい。
近づくと、赤から緑になってわかりやすいです。
tuner


さて、気候は暖かくなるみたいですね
いや、もうそうあってほしいものです。

バケラッタ。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 土下座ロックス瓦版, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。