FC2ブログ


Recent entries
2013/12/08 (Sun) 12.21!
2013/07/12 (Fri) ど放置脱出?
2012/08/28 (Tue) 虹をつかもう
2012/08/21 (Tue) 気がつくと夏も終盤
2012/05/31 (Thu) 夏が近い
2012/05/28 (Mon) 彼の地で・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


金曜に前ログの都野中文化祭~のびみりねいろや7周年
で、土曜にもうひとつねいろや7周年~結婚式3次会(4?)終了組と合流…という具合で、連休はたくさんの方々と会えました。

のびみりについては…やらかしてしまいましたー
後半2曲の参加でしたが、1発目から歪んだ音を出しているゴダン君にビク~リ。
曲調とかいうこともあわせて、どうしたらいいかわかんなくなっちゃって。
ピックを使う予定だった場所も、やっぱり指弾きにしよう…とか
もうちょっとタッチ控え目に弾いたら大丈夫かな?とか
ええい、ここはいってまえ…とかやってたら、もう気が散る散る…
って言い訳しても始まらんし。スマソ。1箇所でもエラーがバレなかった所が多いことを祈りますw

さて、土曜日はねいろや7周年も最終日。

ケンジ氏、モアナイト氏のVAIRUS、メンバーチェンジを経て久々のLIVE。
ドラム&Voが入れ替わりましたが、ポテンシャル的には今まで以上に高い印象も受けました。Richの木目がいい感じ。再開できてよかったです。また、どんどんやってちょうだい。

Mojo Soul、いつもどおりの渋みあるナンバーを聴かせてました。
ムラさんのベース、いいですね。+おもしろい。
ってゆうかリズム隊、いつもガッチリしてます。

若手実力者の呼び声高いタイコのN君、彼も某夫婦DUOには再戦希望らしく…いつの日かセット売りで売り込みかけようか?などと話してみたり。
前夜は某ヒヒ神様と深夜まで一緒にいてから、当日は仕事に行ってたそうで…。
あんたがたタフマン。嗚呼、若いってすばらしい…

Cavernousは、Toughから変化後、初めて観ました。
FUNK色強めかな?と思ってましたが、結構ハード色ありな感じなんですね。

さてさて
で、晩ケイレンでは同志でもある友人2人、イチロー氏&関コージー氏所属のダモーンズ、久々のLIVE。
親分や時ちゃん、タカヤンとも随分ご無沙汰してました。
本当に久しぶりのライブ、コスプレ要素もありありで、弾けたり酔っ払ってたりする姿は、見てて楽しかったです。
それにしても、アレちゃんのドラム、これ程のブランクを置いて見たのは、初めてだったような^^。また、じゃんじゃんやってね!
2号と親子役(アレ兄の甥?w)となるのには複雑だけどw、晩ケもまぁいつかやれるといいなぁ…。

でこれ。

レコード盤は、ボクにとって「古き良き物」の象徴のひとつみたいになりつつあります。今流行の紙ジャケCDってのは、どうもしっくりきませんが…。

というわけで、このデザイン好きです。
時松工房では現在のメイン商品っぽく(^^)、かなり目立つ所に置いてありました。


そんなわけで、またウィーク・デイ。ゲンナリw
スポンサーサイト

なんか最近映像付のログばっかねw

1号の哀願により都野中の文化祭に2号と共にちくとおじゃましました。
今回初疲労?のループステーション

案の定バラバラや。
みなさんもちっとリズムをキープしましょーね (オイラはもともと苦手w)

えびぃの後半のソロの時とっさに入れたアドリブ。
カメラマンのうり坊のご好意により
えびぃの手元にズームインしてますね  ちっ

わたくし思うんですけど
家できっちり考えたフレーズってそれはそれで大切なことなんですけど
ライブ中にふとが降りてきてとっさに弾いたフレーズが
あとで聞いてみると とってもかっこよかったりします。
別に凝ったフレーズとかでもないし なぜか普通のペンタ君だったりします

よっしゃと思いあとでコピーしようとしてもグルーブ感やタイム感が再現できない時がありんす(涙


昨日はオイラんトコの結婚記念日につき夜の都町ツアーは断念。

音納豆さまお誕生日おめでとうございます。
一生忘れることはないでしょうw

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


えーっと…
どうせYouTubeみるなら…

エリック・ジョンソンさんとかはいかがでしょう。


これはVAIとサトリアーニとG3やった時のです。
トーンコントロールのオーソリティだけあって、本当に綺麗だと思います。
ダラスのファズフェイスとか、アイバニーズの808使ってるんだったよなー。
やっぱ、結局弾く人のタッチだっていうのがよく解りますね。

アコースティック弾いてもごく当たり前の様に超絶ですが
この人がするコンテンポラリーなブルースもとても好きです。
Fenderが出してるこのストラトのシグネチャー、実は欲しかったりする…。

ということで、なかば強制的にログ立ててみたりしてみました。

バケラッタ

紅葉ライトアップ-竹楽

紅葉タイミングはバッチリだった十六羅漢。竹楽も終了です。
前ログの記憶をさっさと通り過ぎたいので、ログ起こしたりしてみる(笑)

11/23は勤労感謝の日。暦の上では小雪ですね。

LIVEハウスでは、グルーブ・エタニティのソロ、カンタのレディスFES、山善さん と目白押し。
ウチも某店×2から出演のお誘いをいただいてたんですが、1号の学校行事ほかのために断念(>_<)
この日はお日柄的にも、2号が結婚から2年を経過する日であったり、前日・当日とお誕生日の
お知り合いがいたり、何かとにっこりな日であります。

というわけで、この良き日。
土下座ロックス田舎組(1~3号)は、土壇場のオファーにより、某田舎中学校の学校行事に無理やり付き合わされる破目に。
まず間違いなく楽器らしい楽器は置いてないし、段取り担当が1号だから超アバウト確定ですが、地元の若人相手ともなれば、まぁ細かいこと言わずに協力しましょうってなもんで。
1人300円の旅費が出るというからもうアリガタイ限り!
…ですか??? 

で、ボク3号はそっちをやっつけてから大分へ。
久々にNobby&Millyのお二人にまぜてもらって、ねいろや7周年に参加します。
この日はほかの出演者も、e.t.c、Eternal Soul、Fuzzy Style、K&K…といい感じですね。
楽しみです

この日は2つともエレガットで行く予定です。
アコは今まではチューナー位しかカマしてなかったのですが、最近BOSSのAD-8を使うようになりました。4号氏と同じヤツです。
某サイト1号氏によると何かとトラブルがあったりするという噂ですが、私は今のところ出くわしてません。ってゆうか、つないでるだけで、スイッチ踏んだりしないからかな?Volペダルと並べる使い方になりそうかな?…と、こんな所に書いてみたりして

といっても、ねいろやでは使ったことないからなぁ~…。まぁ出たとこ勝負ですね^^。

ねいろやさんでは、その翌日もかなり濃い7周年最終日LIVEがあるようです。
今週末は金曜が祭日ですから、連休の方も多いと思います。
音ねっと様(LINK2)とこほかで確認して、お休みをお楽しみください。
バケラッタ


2号乱入-----------------------



いや
ほんと
ごくろーさまです

がんばれ えびぃ

テーマ:ロック - ジャンル:音楽


読み方によっては意味ありそうなタイトルですか?
ありませんけど^^

昨日は、ちょっとした話の流れで竹田市久住のとある居酒屋へ。
さらに話の流れで、ソコから徒歩3分の位置に家がある1号を呼び出し。
とはいえ平日ですから早めに武家屋敷に帰宅。

さて、へロっと酔っ払って「何聴こうかな?」と…。
秋の気配の頃は、マイク・スターンをピックアップしたりもしましたが(エントリー71)
さらに寒くなると、こういうのに傾いてくるのが僕の癖。
wes
A Day in the life
オクターブ奏法のWES巨匠。もっぱら聴く専門です。

「イージーリスニング」っぽすぎだとか、いやそんなことないとかって、賛否両論バリバリのアルバムですね。
かなりボーっと聴いてないと「イージーリスニング」っていう範疇には入れにくい気が僕はするんですけど。
まぁ、こんな代表作があるから、言わんとする事もわかりますけど。↓
The Incredible Jazz Guitar。

ってわけで、タイトルどおりビートルズのメロがハイライトになった作品です。
大好きなWhen a Man Loves a Woman とかも入ってたんで、昔、とっかかり的に買った1枚でした。
なんつっても、こういうのを聴くと、ビートルズの偉大さをあらためてひしひしと感じてしまう3号であります。
バケラッタ

さて、もう週末。
9月後半からこっち、なんやかんやと忙しくってどうにもいけません
日曜日にはブリック・ブロックで竹田先生を観て刺激をもらおうと思いつつ、さしあたり、ようつべでムー一族のテーマ(暗闇のレオ)見てテンション上げ

竹田といえば…
来週末も地元竹田市のイベント「竹楽」で3日間拘束です。
もっとも、灯篭に灯入れたり、飲んだくれてたりするだけなんですけど。

マイ武家屋敷前はこんな具合になります。
竹楽

というわけで、今回も断りきれなかったので、こんなSETで…。今年はガット。
練習なんか行かないぞ(謎1)
AD-8

今年は、あの緒方の笙吹き猫とセットですか~?(謎2)
だ~そんなことはどうでもいい。

だ~といえば…
最初にこの人見た時、かなり大笑いしたんですが…
ネタが増えて行かないのが難ですな~


10月に発売になったコンカの大分アマチュアシーンの特集で、サトシアーニがコラムを書いてた…ってのは、前に起こしたログでも取り上げましたが、その中にバンドの心得10箇条ってのがありました。
ライブに向かう姿勢のあり方みたいな内容のものですが、有料の場でやってる以上は、やはりセッションとかでも同じ要素を含むと思います。

ライブはねた後とか、ちょっとスタジオ入って…とか、セッションはやはりバンドやる上では醍醐味のひとつですね。
ただ、LiveHouseとかで見る側になるとちょっと話が違う。

熟練者が、余裕で遊んで回してるみたいな感じだったり、ちょっと緊張感持って凌ぎを削ってたりとかってのは、見ててとても楽しいですが
「場数踏んじゃりましょう」的な練習まがいのとか、とにかくギリギリやってる感じのするのはいただけない。
ジャジー(≠ジャージ)なやつとか、アコな感じならまだしも、全開のロックとかは会話も完全に遮断しますし…。

そこの店長氏のホスピタリティやお店の方針が大きく影響するでしょうし、打ち上げ的な要素は多分に含みますから、そういう盛り上がり方は当然あって然りですが、その時の出演者以外の人間は特に気をつけないとね。もちろんTPOはありますから、その場その場ですけど。
僕もKEYだけ決めて遊んだりは好きですが、きっちりご指名がなければやらないようになんとなくしてます。
とは言っても、今回は立ち寄った「ねいろや」さんにて、写真の先輩(こちらがHP)にご指名いただいたので、ちょっと一緒に遊ばせていただきました


さて、ご都合でリーダー不在ながら、いつもの様に熟練で堅牢な演奏を聴かせていた21年目のストリートシャッフル。
ヒヒ神氏は「音楽をやめようと思ったことなんて一度もない。」とごく自然におっしゃってました

↑なんか自然でいいかんじですよね。
僕としても、このテのことは「頑張って続けていく」…なんてニュアンスのものではないって思ってます。(もちろん、メンバー皆社会人ですからいろいろ事情はあるでしょうが…)

で、環境変化で出来なかった大阪での半年以外は
中2の頃からずっとやってます。
というか、やらしてもらってる。
これのおかげで随分楽しめてる以上、本当にもろもろに感謝

おっちゃん達が「マジメにバンドを続けていくスタンス」
ってのにはいろいろな形があると思いますが
バンドがきっちり進化を続けていられたら、「楽しさ」も着いて来るって思います。

まぁうちも、1~3号は、活動を共にするようになって、もう20年近くに至ったようですが、なんといっても常に活動を続けてきたストリートシャッフル。
いろんな意味で見習って行きたいです。

皆さんは、今回月刊セーノの取材を受けてるようでした。
インタビューとかも載るんだそうです。大分の方はお楽しみに!

後半しか見れなかったけど…Walt-Nutsのみなさんもおつかれでした!


あ、楽器フェアさすがに盛況だったようですね。
ギターマガジンのブログでも取り上げられてたこのバイク。ウケマシタ


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 土下座ロックス瓦版, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。