FC2ブログ


Recent entries
2013/12/08 (Sun) 12.21!
2013/07/12 (Fri) ど放置脱出?
2012/08/28 (Tue) 虹をつかもう
2012/08/21 (Tue) 気がつくと夏も終盤
2012/05/31 (Thu) 夏が近い
2012/05/28 (Mon) 彼の地で・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 暴露でなく、曲の解説をひとつ、ふたつ・・・

Show Me The Way
  詞・曲 志賀 哲哉
 ヴィニー・ビンセント(注3)を聴くと、ツェッペリンそっくりの曲がある。“Show Me The Way”を聴けば、そのヴィニーに似ていると思うかもしれない(世間ではつまり、パクリと言うのか?)。できあがりはWhite Snakeみたいと人は言う。
 しかし、弾むリフと美しいコーラス、心地よい転調、そして、あんまり仲のよいメンバーでなくても一緒にガンバッテ歩イテイコウヨ!というニュアンスの歌詞(もちろん愛する人と共に歩んでいく、と解釈するのも自由)が、とてもいい。
 最後のリズム隊が消えた部分のギターとボーカルだけのハーモニーが最高に気に入っている。知恵を絞って韻を踏んで英語で書き下ろしたが却下され、日本語に書き換えてからはちょっと歌いにくくなった。
 *注3…KISS二代目ギタリスト。曲作り・プレイ共に非凡であったが、    KISSメンバーに嫌われ脱退。

Don't Let Me Down
  詞・曲 志賀 哲哉
 元はと言えば、Paulが、落ち込んでいるJohnの息子のために書いたといわれる、かの名曲と同じ意図で作られている。当然、原題は“Hey Shun”。6分30秒の曲になってしまったので、2番とエンディング少々を割愛。フルコーラスはライブで楽しんでほしい(ホントにやるのか?)。
 ロビン・ザンダー(Cheap Trick)を意識して作曲したのに、メンバーはかつての名作“Jump Ball”(注4)にそっくりで、演奏途中から区別できなくなる、と言う。全く頭が悪い。
 *注4…スパビーチのライブ・コンテストでグランプリ獲得!スゴイゾ!

 10曲あるので、あと3回書かなきゃなんない。もう無理かなぁ。でも、フデマメだし・・・。
 Good Night///

スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 土下座ロックス瓦版, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。