FC2ブログ


Recent entries
2013/12/08 (Sun) 12.21!
2013/07/12 (Fri) ど放置脱出?
2012/08/28 (Tue) 虹をつかもう
2012/08/21 (Tue) 気がつくと夏も終盤
2012/05/31 (Thu) 夏が近い
2012/05/28 (Mon) 彼の地で・・・

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近はなにやら懐かしいデザインの復刻版エフェクトをよく見かけます。
今や各メーカーから、オーソドックスなものから飛び道具まで物凄い数出ているエフェクターですが、最初のって何だったんだろう…?ワウかな?

歪みを多用する人にとっては、OD、Dis、ブースターとかっていう類がやはり一番気になるところですが、その最初の形っていえばFUZZ
ArbiterのファズフェイスやVOXのTone Benderとかが元起こし的に有名どころですが、より自然な歪みを求めるようになったがゆえに、役目をオーヴァードライブやDISに引き継いで以降、この系のエフェクトが再び脚光を浴びるようになるとは思っていませんでした。

そういえば、たしかDallas-Arbiterって会社には、ボード製作で一斉を風靡した
ピート・コーニッシュ氏や後のハイワットの社長もいたんですよね…。

少年3号にとっての歪み初号機は、中坊の頃のローランド・ワウファズでした。
当時はジミヘンとかでなく、ハクション大魔王のイントロの音の方が印象強いんですが(w

んなことは、おいといて。。。
その頃トッププロの方々は、もう普通に改造スタック系なんかで歪ませてたので、今から考えると当時FUZZをゲットするってのは時既に遅しって感じ?まぁ、これも情報が少なかったが所以ですか。

あ、ベック先生はまだカラーサウンド社のやつを使ってたかも?
もっとも、その後ボスのOD1を一躍有名にしたのもベック先生でしたが…。

2000年ちょっと前にハンドメイド系が出てくるようになってからは、FUZZ FUCTORYとかが代表選手ですが、その間もエレハモのビッグマフとかはずっと作られてたんではなかったかと思います。

で、最近。復刻モノのエフェクトも取り沙汰されてて。
FENDERから出ている復刻版、なんとも懐かしいルックス!
中でもブレンダーは特に印象的な品です。

CHARさんが、お店で見つけて買って帰ってよく見たら
「フェンダー(Fender)」じゃなくて「ファズダー(Fuzzder?)」って書いてあったっていうのは、コノ機種なんじゃないかな?
まぁその時代はギターにしたって、フェンダーやギブソンのロゴマークをまねた様なメーカーがほとんどですけど
いずれにせよ当時はとても斬新な品でしたね。おまけに手の届くような値段でもなかった(と思う)…。

複合機は、ゲインがバラバラだったりで、私的には使いづらい印象が強いですけど
このVOLペダルとかは、ルックスにこだわるならよろしいのではないかと。

エフェクターのこと書き始めるときりがないのと、自分の前を通り過ぎていった機種たちに浪費したお金が恐ろしくなってどうもいかんので、とりあえず今日はコノくらいでやめときます(笑)

で、再度…。19日のチケットありますw
詳しくは一つ前のログを見てね!

バケラッタ。
スポンサーサイト

♪そうね、だいたい…しかわからんちゃ、これは
COLORIFFIC社のストラト時計
なんぼなんでも見にくいやろー?…ってゆか、振り子デカっ(w

もうひとつ。
昨日の続きっぽいですが、振動センサータイプのチューナーも
ここまで来たか?ということで感心するやら解せんやら。
ステルス・チューン

やっぱり、この系はバックライトが明るいのがいいですね。

というわけで、いつもながらに新製品開発の道には感服します。

アッチョンブリケ

楽器ショーとかに登場してて、少々前から気になってたLINE6の新製品。
http://www.line6.jp/spidervalve/amps.html

プリ管搭載で歪み自体に真空管を使ってるようなので
音自体はモデリングで作って、後から真空管の音圧をプラスするっていう
今までのVOXやZOOMの真空管搭載型とは明らかに違うのでは。
よね?違うかな?

ボクのイメージとしては、とりあえずデジタルアンプの最先端を走ってるメーカーが
いったん真空管に降参してみた…みたいに感じられます。
まぁ個人的には当然だと思うけど。

でも、デジモノがどんどん進化していくプロセスの一つなんでしょうね。
タッグ組んでるのが、あのボグナーだから期待できる気もしますし
モデリングから流れるから、音のタイプはコンボのツイード系からいわゆる大型スタック系まで、いろいろと創りやすいのではないかな?

どこかにあったら、ちょっと試してみたい感じします!

名作の多いこのシリーズ、暇になるとついつい見てたりします。
やはりCHARさんはすばらしい!


さて、梱包完了。
マイゴダン君とは3ケ月ちょっとの付き合いでした。昨日、元気に旅立っていきました。
いい楽器なんですけど、正直なところ、私は自分の指の太さを過小評価?してました。
例えば、Bの69とか…、コードって細いネックだと不都合なこともあるんだなー。ソロにはばっちしだし、そもそも指の細い人なら問題ないと思うけど…。
さて、次はどうするか今、猛烈に検討中。どんどん湧いてくる物欲の整理に追われてます



事務連絡
ところで、みんな何しよー?
たまにはどなたか更新してみたりせんでっか?

2008 NAMM SHOWが、アナハイムで開催されたようです。
特に新鋭の機材が欲しくてたまらないとかじゃないんですが
楽器フェアとかこういうのには興味が止まりません。

島村楽器が複数Pにわたり結構細かいレポートを取り上げてます。
こっちはプレイヤー。

私的に一番の気になりどころは、満を持して登場したテイラーのソリッド&さしちがえ的なPRSのアコです。
テイラーの方は、リッチー・サンポダボラ氏が早速日本に持ってきてるらしいです。

ポール・リード・スミスは最近10万をきるようなワケのわからん品を出してきましたが、もとはゴージャス系ですよね?
ゴージャス系っていえば、他にもジェームス・タイラーとかSadowskyとかトムアンダーソンとかありますが、このあたりは、やっぱ材とか鳴りとかに拘ってそうで(この際高くてもそうあってほしいし)3号的には垂涎の的です

いや~、それにしてもこんな会場、いつかは行ってみたいなぁ…。

RC-20XL

やっちまった
見ず知らずの人とどーして張り合ってしまったんだろ
ああ~
こわいよぉ

まぁこの辺なら落ちないだろ
「ポチッ」
え~い
「ポチッ」
これでどーだ
「ポチッ」

よっしゃーー!!!・・・・・あ・・・やべ・・落札しちゃった
神さん寝てるし
許可とってねーぞい
わ~みぃ

    ↑
    前回おとしたやつも赤かった

まるでシャア専用エフェクターみたいになっちまったw

お口直しに動画でもどうぞ

M-talksマコちゃんの怒涛のギターソロ
特別ゲスト表れます

これ公開したら怒るだろーなぁ ドキドキ
まだ 非公開ですのよ←だれに言い訳?
ま いっか ケロロのキーホルダーあげたし

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽


前から行ってみたくてたまらないイベントです。できればアメリカで

つっても、どこに行っても日本製の埋めるスペースは広いようですが。
なんつっても、BOSS、MAXON、Iba…みんな世界に誇る日本製ですからね~。

もう涎の出そうなハンドメイドの数々、オールアクセスにはマッチレス新アンプ発表とかも書いてあるし、新たにいろんなモノが欲しくなったりしないように気をつけないといけませんな。
どうでんいいけど、Electronic Ukuleleをエレウケ(ELEUKE)って読ませるのには、なんか違和感感じてしまうんだけど、そんなもんなんかな…。

で、11/4、KORGブースでの「VOXアンプ50周年」イベントの紹介に書いてある「VOXアンプに縁の深い超有名バンドのトリビュートライブ」って、やっぱり大分出身のアノ方達かな?
と思ってHPとかブログ見に行ったら、やはりビンゴでした。

今は、この間の例のミュージカルでギターを弾いたサイモン・クロフトって人と一緒にやってるようで。
でも、「アコースティック・クイーン」?…で、VOX?…ちょっとわかりにくいかな(笑

自分達もトリバンやってたりするからか興味津々。
王様から良い評判を伺ったこともあることですし、やはり一度はKWEEN、観てみたいものです。くわしくはこちらで

※----------------------------------------
と書きましたが、私、いろいろと勘違いしているようです。失礼いたしました。
その日ANNANさんは、パシフィコ横浜2階コンコースで行われるストリートライブイベント『横浜音楽空間』に出演されるそうです。
ご本人からの丁寧な訂正コメントをいただき恐縮しているところです。
ありがとうございました。


RC-2



RC-20XL



ループステーションが急に欲しくなった
親分製のRC-2
んでもって色々調べてみると
他にもケッコウケッコウみなケッコウな感じのがでてきた

ようはライブ中に1~2小節2~3音源をループで演奏したいんでげすな

ギター叩いてカホーンみたいな音録音して
それに基本リフみたいなの重ねて
1曲弾くみたいなヤツ

しかし我輩はベーシストである えへん

所属バンドの後輩ギタリストがベースにエフェクトかけるのが大っ嫌いちゅーのもあって
最近は素通しがほとんど
おかげでエフェクト系まったくわかりません

10K~20Kくらいで探していると
つい
どーせならと40K~50Kくらいのが欲しくなっちゃう

おまけにまったく関係ない商品まで欲しくなってきて

G2.1u


「お いまどきのマルチはUSBついてておまけにRECソフトも付属してるのかぁ」

などと横道にそれてしまう

げへへ こーなりゃ でんぶまとめてポチッとしちまうか

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽


久々に私的ツボ商品です。
変形ギターっていろいろありますが
基本は派手にするのが目的だったりが多いと思います。

さて、そこでこれ。
おそろしく意味不
リバースV。しっかりギブソンメイドなんですけど。

ノーマルの?Vなら、昔持ってたこともありますが
あれでも、座って弾くのはツライ。
でも、ハイポジションは扱いやすかったりするんですよね。
B・ガイ先生やマイケルシェンケル、一時のAフレーリーとかを好きな人は持ってたりもするでしょう。

しかし、こいつは八方ふさがりです
おまけにかっこわるいw
そもそも、変形ギターのはしり的「FV」を、なんでひっくり返さなければならんの?
立ち読み中に思わず「なんぢゃこりゃ」つぶやいてしまいました



…サウンドメイキング」という特集が今月号のGマガジンに。
買って読んでみたら、今回はわりと丁寧な解説になってます。
こんな企画、ラックプリが全盛期であった20年前とかにはなかったんだよなー
まぁ各製品については主観もありますし、私的にはウッソ~って思う部分もありますが(^^) 内容的には面白かったです。

11号は九州の西を通り越したみたいですね。韓国が大変みたい…。
12号は国外逃亡中の2号を追ってアジア方面に行ったようですw

私は静かでお酒くさい連休です^^
あと1日ゆっくりしようと思ってます。

好きです。


クーリッシュの宇治抹茶。全部食べると頭痛がしますが(w
涼しくなったからそろそろシーズンオフかな?

さて、某サイトのBBSが潰れちゃってるのと、別に、晩・ケイレンがツアーするわけでもない(w …ってんで、こちらのサイトの一つ前の記事でちょっとふれましたが、とあるサイトに全米ツアーの公開リハの写真が上がってたVanHalen。

写真自体は速攻で削除されちゃいましたが、その中には遠目にベースの息子ウォルフィーくんが赤白黒の楽器を抱えてる画や、エディーがピーヴィーのウォルフィー抱えてる画がありました。
…ところがいろんなサイトによると、エディーの持ってるのはウォルフィーではないんだって?矢継ぎ早に新しいの作っちゃったの?…いろいろ謎ですが、こういう謎は何故か楽しみです。

エディー様といえば、この度ご自分名義で「E.L.V.H.Inc」って会社を立ち上げたばかりなので、いつでも新しいの作れる体制はあるはずです。
→E.L.V.H.Inc ここでは、今フランケンのレプリカが限定販売中。

こちらの楽器屋さんでは350万円ってなってますな(笑)
フェンダーとのコラボで、最終的にEVH社名義にしちゃうという荒業。
この人位ネームバリューあると、もう何でもありですな。

新しい型が出るなら、これまた結構なお値段となるでしょうが
それでもひっかかって魅せられて買う人が続出するんでしょう。

で、同時にアンプの3号機も。
元々、5150は出た頃から非常に評価が高く、たとえば御大ジミーペイジさんとかもレコーディングで使ったりされてました。
5150Ⅱは更にいいアンプだと思いました。中域がふくよかなイメージ。思ったより随分歪むんですよね。
流石に持ってる知り合いが数人いるので、ある程度は体感済みです。
この時期のPv社は、サトリアーニとかともエンドースして、良い物をたくさん作ってた気がします。

で、今回のⅢ。間違いなく延長線的なデザイン。
製品写真にありますが、セレッションの裏側金属部分には、普段見えもしないのに、ご丁寧に赤白黒カラーリングという、価格のみに影響しそうなデザインも施され。(一応専用の特注品ということで、音は違うんだそうですが)
なんのかんの言っても、彼の理想のブラウンサウンドの元が、マーシャル+過大電流ですから、新製品といってもレプリカの感覚に近いですよね。
出回ったら一度鳴らしてみたいものです。

あ、今使ってるH&Kのヘッドアンプには、満足してるので何も気になってません。何も…。


でも、この5150Ⅲは、良いモノではありそう。もし、MIDIでプログラミングできるようなタイプだったら心理的には複雑だったかも。これ大きなポイントです。

VHとかは、絶対にヘッドアンプ何台も並べて、それぞれ違うエフェクトループ繋いで、このヘッドとこのSPとこのEFFの組み合わせはクリーン用で、こっちはクランチ用で…って音作っていきます。
素人には絶対出来ない技。(だいたい全部で何百kgになるんだ? って、そんな理由か?)まぁ、だからうらやむ必要もないわけで…。
エディーがお金持ちでよかった(笑)

PGMタイプっていえば、こんなのがデ○テック社から。
前の型はデフ・レパードの二人とかが使ってて、ちょっと次期型に関心がありましたが、今回はモデリングを採用して真空管を外してます。
∴まるで興味なし。こっちもセーフってかんじw

さて、職場に戻らないと。それでは。

の快挙
って言うほどのことでもなし…w

新機種導入です。
購買欲が高まると、とりあえず某SNSサイトかなんかに書いてみて
第3者になったつもりで眺め
「本当のところ自分がどれ位欲しいか距離を置いて考えよう作戦」とか
(で我慢しようと)するんですが、ケッキョク コンカイモ ハドメハキカズw

物凄く高価なモノってわけではないですが買いました。
今回はこれ
いわゆるフィールド・レコーダーってやつです。

ちょっとした録音用には、このお手軽サイズがいいかなって。

実は折も折、今日明日にはH2って新作も発売なんですが
某仕事の関連とかで、「シュアー×2挿して録り」なんて使い方も必要なので
こちらの旧型を選択。それにしても、今までVS1680持って行ったりしてた時から考えると、かなり楽になりそう。
もちろん、練習とかをMP3で録っておく…なんてのにはバッチリです。

ここ何日かいろんなブログサイトに行って
他社の同系列製品も含めて批評やレポを眺めてました。

ブログっていえば、この形式が出たことによって
より簡単に誰でもが主人公になれるようになったもんで
勘違いしてますか?ってサイトも増えたかな。
「他人には迷惑かけてないよ」とかって言い始めるともう…

おっと、そういう話してるんじゃなくて…

とにかくネットの功罪ってのもいろいろあるようですが
「情報収集」に関しては本当に力強いなぁ。
(なんだ今更そんなことか?

拝見したいくつかのレポに書いてあったとおり、ちょっと操作はしにくいかな?
「操作は直感的にはわかり難いけど携帯よりは簡単です」
っていう評価もあったりで、納得したり
「そんなんが基準かよー?」とかも思ってみたりもしたけど
説明書読み始めると寝てしまう私としてはやっぱムズカシイw

しかし。
アコをリミッターかけてポイっとWAVEで録って、USBからフォルダ見て
PCにコピーして……なんてことが簡単に出来ちゃう時代ってのは
やっぱり物凄いことです。

ではごきげんよう

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


あいかわらず暑いですが皆様お元気でしょうか?



よく見るブログのひとつにギターマガジンの編集長氏のブログがあります。

流石にいろいろと旬なネタが記されていますが
最近ちょっと笑ったのがコレ

6回に分けて紹介されてます。
どんな人がこれを買うんだかわかりませんが
チューニングしたまま折れるってのには、驚いたというか笑ったというか、いやまぁ新製品への探求心は凄いなと…。

で、いったい、いくらするんだろ?
正直なところ、私には必要なものではないんですけれどね。。。

連休明けでなんとも気合が入らず、仕事場へ届いた山のような書類を見てさらにため息をつき、えーいまぁいいやブログでも書くか…とか思ってログを起こしてる・・・なんていうことは断じてないえびぃですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

連休中盤以降は、空いた時間さえあれば、武家屋敷スタジオ(という名の自宅)にて、大音量でマーシャルの箱を鳴らしてました。
新しいH&Kのヘッド、GOODです。えへへ
いわゆるマルチのプリなんかに比べるとプログラムが非常に簡単。ツマミを視覚的にとらえながらできるってのは本当にいいなぁ。
うちの武家屋敷スタジオ(という名の自宅)は、当然防音等いっさいないですが、なんといっても田舎ですし、隣までちょっと距離があるしで、かなり自由にこんな音出しが出来ます。もちろん、コレが世間一般の非常識であることは一応認識してます(笑)
とりわけ音量コントロールのやっかいな歌や太鼓の方は本当いろいろと大変だろうなぁ~。

うちのバンドにもそれは共通していることで・・・。
まぁ久住高原在住の歌い手はともかく、マンション住まいのドラムスさんは…
というわけで、少し前になりますが、知人の某整骨院から奪取してきた電子ドラムですw。
少しでも活用できるといいんですが、なんでもこれでもかなりうるさいそうで^^;

じゃぁ、萩原あたりのアパートで、やテーブルのすぐ横のスペースに同じようなの置いてる人はどうなってるの?ときくと、アレはさらにサイレントな仕組みになってるんだって。。。

うーん、大変だ。もちろんご家族の理解があってのタマ物ですよね。

いずれにしても某整骨院さんには感謝。ありがとう

Y-D



週末になると平和なお気楽えびぃですがおはようございます。

タイトル。あたまにきた…って話ではなくて、どうにもこらえられない物欲が少々

半年前から気になって仕方ないんだけど、それなりに高いってこともあって。。。
先日ログにした「ダメージコントロール」とかは
実は自分の気持ちをソレから背けさせるためのダミーみたいなものだったりして…
もちろんアレはアレで良い製品なのは間違いなさそうですが。

ここまで書いて何のことか書かないのもどうかとは思うけど
書いちゃうと勢いがつきすぎそうなので^^

近いうちに、マイシステムに大きなモデルチェンジが
やってくる予感がしている今日この頃です。
さて、今日は練習だね

ここ最近で、これほど評判いいプリってあまりないような気がします。

ココはもともとLINE6にいた人達が、結局「歪みは真空管だぜ」と作ったメーカー。ポテンシャル高そうな気がしちゃいます。

というわけで。
Damage Control

現行の2つの機種では黒いデモナイザーが人気のようで。
でもちょっと軽めのウーマナイザーの前に、トランジスタのブースター系を一個置くってのも良さげなんだよな~。
新しいリキッドブルースってのは、ただのエフェクターっていうかオーバードライブなんだろうけど…。

マズイ。買ってしまいそう。
最近のフロアタイプはどれも4万くだらないしなぁ。
おまけにどれにしたらよいかも?うーむ


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 土下座ロックス瓦版, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。