FC2ブログ


Recent entries
2013/12/08 (Sun) 12.21!
2013/07/12 (Fri) ど放置脱出?
2012/08/28 (Tue) 虹をつかもう
2012/08/21 (Tue) 気がつくと夏も終盤
2012/05/31 (Thu) 夏が近い
2012/05/28 (Mon) 彼の地で・・・

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お~~~ひさしブリーフ。

近頃FBばっかりで、こんな所にブログがあるのも忘れてたし。
まぁ、見てる方もいないだろうけど、広告花盛りなので、一度脱出を試みます(自爆w

久々のジュクジョズでカンタループ2の16周年に行ってきました。
数曲でしたが、久々で楽しかったねぇ、ほんと。
今回は、軽装モード。
(ボクのチケットで大阪にエディやデイブを見に行った)一郎くんにお土産でもらった(注釈、長っ)
VanHalenのTシャツ、早速使わせていただきました。
とにかく暑くて、コード譜見るためにしてた度入りサングラスにワイパーが必要なほど汗かきましたわん。

最後に、オーナー・フッチーに打ち合わせ0で入ってもらって・・・
ギター弾いてほしかったけど、2枚目の通り貴重な状況となりました。(写真はいただきもの)

s-250707-01.jpg

s-250707-02.jpg


何はともあれ、16thおめでとうございます。

というわけで・・・暑い夏、ご自愛を。

ばけらった(久しぶりのフレーズw)
スポンサーサイト

先日の昼下がりに間近で見た虹が目に焼きついています。

あ、タイトルは、リッチー・ブラックモアズ・レインボーの「Catch the Rainbow」の邦題ですが。。。
虹で思い浮かぶというと、オズの魔法使いのOver the Rainbowだったり、
クラプトンのレインボー・コンサートだったり、はたまた高中のレインボウ・ゴブリンだったり・・・
様々でしょうけど、僕はやはりこれ↓

Rainbow Seeker by ジョー・サンプル

78年のアルバムなんですね。そんな前だっけ・・・
フュージョン・ミュージック(今だとSmooth Jazzっていうのかな?)の代表的アルバムとして、よく聴いたものです。

その中でも、やはりこのバラード↓の印象は強烈だった。

名曲は色褪せないね。

そういえば、車のCMでTOTOのChild's anthemのオーケストラっぽいのが流れてますね。
すぐそんなのが耳に入ってくるのは、やはり散財を狙われた中年層だからか?^^?
バケラッタ




benki.jpg

黄金とはいえ、予定といえば、田舎での焼肉とジュクジョズ・リハ1回のみ。
ライブしたりとか、行ったりとか、セッションしたりとかしたいなぁ…。

まぁ、ゆったりするしかないか^^…ということで、ネットをフラフラ。
今日行き着いたのは、カーペンターズの中でも大好きな1曲。

そういえば最近はあまり聴いてないけど、一時期はよくフライドプライドのギター、コピーしてたなぁ。
偶然去年中州で観たんだったっけ・・・。
やはりSHIHOちゃんの歌うカーペンターズは好き。

ばけらった



今年になって初めて都町へ行く機会に恵まれました。

音楽を通じて知り合った友人と、焼き鳥屋にてちょっぴり重要な話をして、2人でカンタへ。
生の音楽が流れる環境に身を置いて、
ライブ終了後も慣れ親しんだ良いにおいのする店で
スタッフや常連の方と、楽器や音楽の話一色の時間を過ごす。実に半年振り。

やはりこれがないと、僕は僕じゃない。
「えびちゃん」とか「えびぃちゃん」とかって何度も呼ばれたのも随分久しぶりだった(w

皆様に感謝。また行くぞ!
ばけらった


こんちくわ。またまたお久しぶり。
表題のこの言葉に妙に好感度が高いえびぃです。

映画なんかには扱いやすいテーマですよね。
バック・トゥ・ザ・フューチャー、NHKでやってたタイム・トラベラー、戦国自衛隊、猿の惑星、最近ではJINか?
広末涼子がバブル時代へ行く映画も可愛かった。。。
…まぁいろいろあるけど、なんだか総じて好きで。

で、それとは全く関係ないけど、最近どこそこで耳にするタイムトラベル。
なんで?と思ってたら、スピッツが原田真二のカヴァー出したんだってわかって。
スピッツもかなり原曲に忠実にやってて良い。けど、例によって先祖がえり。

原田真二は、昔好きだった。
確か、Char、ツイストと3つでロック御三家とかって言われてた気がするけど
情報量の圧倒的に少ない時代、彼やCHARがTVに出ると、そりゃもう真剣に見てた。
この頃だけが、テレビの歌謡番組を見てた時期だったような…。

今聴いてもいいじゃん、これ。20才前にして立派なメロ・センスだと思います。
TVでバックのギター氏が抱えてたKAWAIのムーンサルトが強烈な印象だったなぁ。




さてさて。
テイラーのアコギとかコンポーネントのストラトが欲しい欲しいと思いつつ
最近めっきり楽器関係に財が投じられないボクですが、前々から気になってたコレが遂に。

http://www.korg.co.jp/Product/Tuner/pitchblackpoly/

まったくもって進化が凄いぞ。
TCエレクトロやデジテックからも出てるけど、やっぱりコルグ。
ポリ・チューナーは、フローティング派には重宝しそうだよね~。
これ位の値段の物なら買えるべさ^^。

ばけらった

日本ではこの系の音では最高峰だと思う。
というか「好き。」
パラシュートは、当時シルヴィアとかHERCULESをよく聴きました。
今さんの青いVarita、いいなぁ…。かっこいいなぁ…。



ばけらった

TさんやFさんの顔ブックから拾わせてもらったネタではあるけど
まったくもって良く出来てるので転載。



ばけらった

やはりこのひとはいい。
ファズフェイスも繊細に使うねー。



ばけらった

山はしろがね。でも車は滑ってる場合でなくて。。。
昨日から今朝にかけて、山間部は走行不能でした。
チェーン持ってるけど、乗っけてないし(w

結局、某大学前で混みあって遅刻。ほほ

さて、画面がなんだかんだで話題になってる平清盛の録画してたのを見ました。

まぁいろいろ意見あるらしいですが
僕としてはそんなことよりタルカスの異質感にはなはだしく驚き。

大河にプログレか~

制作者の年代が想像できそうな選曲ですか?

ばけらった

あいかわらずJベックが大好物な私ですが
またしても最近、車でBlow By Blow から Wired、
Jeff Beck With Jan Hammer Group Liveまでの3枚がヘビロテ中。

このあたり、ベックのギター(ストラト)に対するアプローチが、急激に変化してて、面白いです。
結果、その後はほぼストラト系(というかアーム付)しか使わなくなっていきます。
劇的。といっても、3枚目のライブから変化がやっと本格化…って感じですが。。。

もともと、BBAとかのレスポール時代から、トーキングマシンを使ったり、
スライドバーみたいなので不安定な音程を作ったり、
他者とは一線を画すヒューマンボイスっぽい表現をしていたベックさんですが…

とはいえ、Blow By Blowまではそのくらい。いわゆる個性的で上手なギタリストって感じ?
Blow By Blowは、既にストラトの使用率が高くはなってるんですけど、ジャケットに騙されますね。
もちろん、「ジャズ界にアプローチだぞ」的なこのアルバムは、歴史に残る一枚ではあるでしょうが。。。
でも「奏法」とかって視点で見る場合、このアルバムと2枚後のライブのFreewayJamは既に別物ですね。

というわけで、これ以降、加速度的にベックの「ギターおしゃべり度」は上がっていくわけです。
ピックを持たないようになって、アームコントロールが繊細になるとさらに加速。
アームだけでメロを弾くようになっていきます。

ここで僕の確信!

~ギターで喋ることに対しベックさんが目覚めた最大の影響をもたらしたのはヤン・ハマー・グループだ!~
ベンダーがんがんのフレーズを弾くハマーさんも、バイオリンの存在も凄くレガートです。
影響があったからこそ、ここで転機が来たんだ!という読み。

えっと。。。それだけ。何の確証もなし。違ってても別によし^^

そんなこんなで?、僕はこの時のヤン・ハマー・グループとのライブがとても好きです。
バンド的には、セッションの延長みたいな感じが拭えませんが
(まぁベックさんはずっとそんな感じだし)非常にいい感じです。

2曲目の「Earth」でのしゃべろうアプローチ~(2:26位?)~は、リングモジュレーターなんよね?
昔、何が何だかわかんなかった…。



で、結局、何が言いたいかと言うと。。。

えっとえっと。
最近僕は車でベックを聴いている…って話かな??

うーむ。
ばけらった


というわけで、11.2ジュクジョズ終了しました。
ありがとうございました。

フッチーの計らいでボーカルがすべて女性の4Unit。
いやー華やか
最近、ライブや都町から遠のいてるボクとしては、
噂の方々を一挙に見れて、とても楽しませてもらいました。

ってゆうか、皆さんプレイヤーであり立派な歌い手さんで
見てる方も満足した方多いのではないかと。

さて、今回ボクは、ゴダンとアイバの2系統。
スチールのエレアコを持って行くことを省エネしたんだけど
それについては失敗だったなと、代用のイバニーズ弾きながら思ってました。

でも久々でなんかおもしろかったからいいや(w
とりあえず、終わったころには腹ペコでした。

そういえば、今回使ったIbaのブラウンちゃんは、
アームブロックが老化しちゃってアウトでしたが、某工房にて若返りのオペを敢行。
ココによると、店主は交換&調整中なんだか暴れていたらしい。
非常に使いやすくなりました。
時ちゃんありがと

さて、次は王様モードだぞ。

ばけらった

なんかこのV好き。
ってゆうか、この曲が好きだったことを思い出した。

そういえばトーベンさん、一度OAさせてもらってからこっち
ライブ見にいけてないなぁ。。。



さて、来週ライブ。弦かえようかな??

ばけらった



最近Char、ポンタ両氏の音楽に触れ、いろいろ触発。
紆余曲折、今回はここに行き着いた。
久々にこのCDを引っ張り出してヘビーローテ中。

'79 KYLYNライブ。
渡辺香津美はもちろん、坂本龍一、矢野顕子、村上ポンタ秀一、小原 礼…
もの凄いメンツ。
すさまじい演奏。



この前のポンタさんのライブでは、日本には早すぎたバンドっていうMCもあったが。。
ほんと日本の音楽シーンの進化する瞬間が見られる重要なバンドだと思う。

この時、香津美御大26?
すごいなぁ。
YouTube効果もあり、日本のミュージシャンと海外アーティストとの
競演やセッションって、最近はいろんなとこで見れるけど
どれ見ても見劣りしない、もしくは勝ちってギタリストは
この人くらいだよなと最近よく思う。

天才。

ばけらった

11.2チケ

サイケデリックスを観て以来のバンドヴァージョンのCHARを堪能してきました。

TRADROCKのツアーって話だと思ってたんだけど
選曲的には過去の作品も多くピックアップされていて
ピンククラウドやムーンチャイルドの頃が好みの僕としては大満足!
古田たかしさんの太鼓も素敵でした

詳しくは、CHARLEYさんとこをご参照ください^^

さて、来月はカンタに2度ほど出没予定です。

11.2 JUKUJO'S  共演は、Utaプロジェクト
11.20 王様のバックバンド

お暇な方はよろしくです。

バケラッタ


学生時代、何度聞いたことか。イントロでノックアウト。
マンハッタンTのよりアレンジも好き。

でも、最近そういう諸々を思いだせなかったりする・・・。
突然聴いて、「なんだっけこれ?」から、時間のかかることと言ったら(w

ばけらった



おそらく最長長期ほったらかしてる間に、季節は冬から一気に夏。

ライブ見に行ったりもできないまま、何ヶ月も経ちました。

そういう意味で昨日は本当に久々の音楽に触れる1日。

別府駅前での都留さんプロデュースライブ。
ジュクジョズ参加してきました。

メインはディスコカンパニー。最初と最後に2ステージ。
いきなり盛り上がって踊るお客さんも(w
ボーカルに知り合いがいるはずだったが、急に欠席届が出たとか出ないとか。。。

110514_150625.jpg

天気も良好、よい気晴らしになりましたとさ。


2.26は、ジュクジョズ・ブリックブロック・ワンマン。

曲もかなり入れ替え、マンネリ化しないように臨みます。
よろしくです!

マンネリで思い出したけど…
こんなのは素敵
辻本さん、さいこー。

ばけらった。



秋ですな。
改編で始まったSPEC。やっぱちょっと面白いぞ。
トリック、ケイゾクと同じ人が作ってるだけあって、この手はつい見てしまうんですが。

ま、それはどうでもいいんだけど。
そのテーマソング。



引っかかりました。珍しくなんか気になってます。
3秒聞いて「なんとかマジック」かな?と思ったら違うんだね~。

なんとも凄い経歴の人たちです。

ナミノユクサキ?
っつか、視聴できるほかの曲は気にならなかった…w

大物になるかな~~~???

ばけらった

ここ1週間、前に書いたベック御大の新しいアルバムを聴きまくりました。
完結させとこうと。とりあえず自分の中で。

Multiac Nylonを買ったばかりなのに、ストラトばっか、いじってるという(w

久々のこのアルバム。
音やプレイ面は、ここ数年の延長線な感じではあるけど。

Over the Rainbowとか、荒川さんで日本人には有名なトゥーランドットとか
いいのいっぱい入ってるけど
とりわけ「Elegy for Dunkirk」でのプレイは僕には物ごっつー刺激的で。
もうYouTubeに上がってたりするのも、それはそれでたまがるが。。。



ソプラノ歌手の歌声が美しい曲。
でも、僕には、どうしてもその歌より御大のギターの方が歌ってるように聴こえる。

プレイ面でどれくらい細々したことをやってるかってのが
いまいちわからないのが更に興味をそそって。。。

・近年アーム多様でチョーキング比率が減った御大。普通にチョークアップしてるとか思うと大間違い。
・ちゅうか、そもそも、アームでの音程コントロールが凄すぎ。
・ほんで、音出す前のアームのプリダウンがまっこと細やか。

3分後半から出てくるのテーマ頭のように「いかにもアームでやってます」的に
1音アップ→そのまま1音半ダウンとかもあるけど
もうちょっとさらっとしたのだと、どっちなんだか判りずらいのも。

・ボリュームから手が離れてないよな~。
・トーンポットもかなりちょいちょい動かしてるし。

みたいな感じでいやはやです。
どうやったら、こんな事がきっちり出来るのか皆目わからず。

御大本人が書いたこのアルバムのレビューの中に
「Jガーランドの声が人の心にあれほど訴えかけるのは、彼女のヴィブラートが不安定だから。
不安定なヴィブラートは、普通はげんなりするけど、彼女のは違う。この世で最も美しい曲の一つ」
とかいうのがあって。

こういったことを考えた末の人が出すアーム・ヴィブラートだからこそ!なのは言わずもがな。

こういうのが、エレクトリック・ギターが最も進化した形のプレイである気がする3号でありました。

ぐれーと!

ばけらった


ジュクジョ様方、今年の始動ライブin音楽館でした。

いろんな人に会えて、少しずつだけど話せて、面白かったぞ~^^
ガウチョのおやじさんも相当久々でしたにゃぁ。
ちゅうか、ここのメンバーののびちゃんでさえ、相当久々で。。。
みんな元気でおバカで素敵です。ホント。

さて、つーわけで、ちょいとギター弾いて、急いでガブガブ飲んで帰りますた(w

いや、しかし、豪腕な諸先輩メンバーとの演奏は
イタトマれなかったり(一部限定)心地良かったりで、相変わらず楽しいわけで。
いろんな環境が皆さん一様に気になっていたようですが、流石です。
Tるさんが100%ぶっつけ本番だなんて…思った人、きっといないよね?(w

ほんでもって、グルエタさん、とってもありがとうでした。
2年ぶりとかつっても、凄いタイトで、ファンキーでしたわん。

S氏自慢のテレちゃん?は、ボクのとっても好きな音でした。
氏のプレイを見ると、次はおでもワウを持っていくぞ!って思うんだよね。
リーダーとU氏の交差したあのMC(歌か?)、楽しかったよんw

というわけで、打ち上げまで、不調な好調(校長)やそのナイスキャッチ(なんだそれ?)
そして彼らを面倒見てくれた平仮名1文字さん、サンクス。

うん、やっぱLIVEは楽しい。

見ていただいた方々、メッセージくれた方々、etc諸々ありがとさんでした

ばけらった


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2018 土下座ロックス瓦版, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。